リングピローにも拘る事が大切

リングピローと言ったら、結婚指輪を華やかにする小道具として欠かせませんよね。

ここでは、そんなリングピローを徹底解析します。

西洋形式の挙式では必須となるのが結婚指輪交換の儀式です。

その指輪交換までに指輪を置いておくクッションとなるのがリングピローです。

このリングピローをリングベアラーといった幼い男子が手で持って花嫁さんと共に教会に入ってくるのです。

なので、このデザイン性に関しても拘りを持つのも挙式のコツになるとか。

昔から色々な伝説があるリングピローの歴史。

由来の例を挙げると、古代のエジプト時代、挙式時に装飾された枕のようなものに宝石を載せていた説があったり、王族へ召使いから渡し物をする時に手で直にではなくて枕形状のものに載せて渡していた説から…などと言われています。

この様な色々な風潮が混合され、現代のリングピローの慣わしになったそうです。

また、挙式後にも活躍の場がある大事なアイテムなのがこのリングピローです。

それは二人の間に赤ん坊が誕生した際です。

挙式に結婚指輪の交換で使用したリングピローを赤ん坊が最初に使用する枕にすると、その赤ん坊は生涯幸せといった言われがあります。

近年では、リングピローも色々なデザインが出回り、枕のような形状だけではありません。

そんなケースは赤ん坊の枕の所に置いて記念に写真撮影するといった人も。

二人が夫婦として最初の共同作業を共にした小道具ゆえに、枕で使用しなくても、間違いなくハッピーを届けてくれるはずですね。